Top >  辞表提出⇒退社までの手順 >  辞表提出前にやっておくこと

辞表提出前にやっておくこと

辞表を提出する前に、やっておくこととは、

いつ会社去っても、大丈夫な状態にすることです。

具体的には、机の整頓、パソコンのファイル整理、引継ぎ準備、です。

この三つを終わらせておけば、退職願いが受理され次第、

すぐに会社からおさらばできます!



 まずは机の整頓から始めよう

会社に長い間いると、置いている私物が増えていきます。

そういった私物は、退社時に邪魔になります。

しかし、私物がほとんど無い状態になれば、身一つで会社を去れますので、

退職する時の心理的ハードルが、一つ減ることになります。


私物は、辞表(退職願)を出す前に、持ち帰りましょう。

ただし、一気に持ち帰ると同僚に怪しまれますので、

少~しづつ、荷物を持ち帰るのがベターでしょう。



 パソコンのファイルを整頓しておこう

パソコン内のファイルも、退社前に整頓しておきましょう。

不要なファイルの削除。デスクトップに貼り付けてあるファイルの整頓。

引継ぎ時に、スムーズに引き継げるようにしておくと、

会社から素早く去ることができます。


それと、会社のパソコンで、仕事と関係ないサイトを見てた場合、

履歴は消しておきましょう。アダルト系や、暇つぶしサイトは必ず消しましょう。



 引継ぎの準備を済ませておく

退職願いを出した後、引継ぎがスムーズできるように準備しておきましょう。


一番大事なポイントは、不要なものを捨てておくことです。

会社に長くいると、扱う書類も溜まっていきます。

そういった書類の中には、すでに不要となったものが多くあります。

不要な書類は、ガンガン捨てましょう!


不要な書類を捨てておくと、引継ぎ時にすごくラクになります。

また、どれくらいの量の仕事を引き継げばいいのか?ということも、

明確になります。退職する前の心理的なハードルが、一つ減ります。


加えて、新しい仕事は請けないようにしましょう。

同僚に嫌な顔をされても、新しい仕事は請けてはいけません!

あなたは会社を辞めて、他所へ行くのですから、情けは無用です。



 退社準備が整ったら、

いよいよ辞表(退職願い)を書いて、会社を辞めるときです。

躊躇していると、いつまでも辞められませんので、

退職の意思表明から⇒正式な退社までを、一気に駆け抜けましょう!



         

辞表提出⇒退社までの手順

関連エントリー

辞表提出前にやっておくこと
退職までの手順 その①
退職までの手順 その②
退職までの手順 その③
辞表を受け取ってもらえない場合
強行策で退社する!!


お気に入り登録

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する
注意書き
当サイトの情報は、万全を期しておりますが、文書中に誤りまたは脱漏があり、万一、当サイトの記事内容を実行したことで、損害が発生した場合、一切責任は負えませんので、その点、ご了承願います。
年収