Top >  辞表提出⇒退社までの手順 >  退職までの手順 その①

退職までの手順 その①

会社を辞める意思を固めてから、円満に退職するまでの手順。

一連の流れを紹介します。



 第一段階。上司に口頭で、退職意思を伝える。

いきなり辞表(退職願い)を提出してはいけません。

突然、会社を辞めると言っても、上司を混乱させるだけです。


辞表(退職願い)を提出するのは、退職話がまとまった後です。

ドラマのように、辞表を突きつけるのはNGです。(あれはただの職場放棄です。)


それと、ひとつ注意点があります。

上司に退職の意思を伝えるときは、周りに同僚がいないときにしましょう!


同僚に伝えるのは、会社を辞めるのが本決まりになった後です。

バカな同僚が「○○○さん、辞めるんだって!」みたいな噂を流せば、

職場に余計な混乱を生みます。

同僚には、黙っているほうが無難です。



 第二段階。引きとめ工作を乗り切る

上司に相談して、しばらくすると。

上司「辞めないでくれないか?」という引きとめ工作が行われます。

これに屈してはいけません。


また、事前に退職用の理由を用意しておくと、

引きとめ工作をかわすことが楽になります。


このとき、強固に退職を反対されるケースはレアです。

あなたの意思が強く、どうしても退職する!と決めていれば、

無理には引き止めることはできません。

ほとんどの場合は、ここで退職が決定します。


※ここで、上司が逆切れして退職を認めないということになれば、
強行策での退職を検討します。強行策については後で詳しく解説します。


あなたの意思が伝わり、退職が認められたら、

次は、具体的な退職日を決定する段階に入ります。



         

辞表提出⇒退社までの手順

関連エントリー

辞表提出前にやっておくこと
退職までの手順 その①
退職までの手順 その②
退職までの手順 その③
辞表を受け取ってもらえない場合
強行策で退社する!!


お気に入り登録

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する
注意書き
当サイトの情報は、万全を期しておりますが、文書中に誤りまたは脱漏があり、万一、当サイトの記事内容を実行したことで、損害が発生した場合、一切責任は負えませんので、その点、ご了承願います。
年収