Top >  辞表提出⇒退社までの手順 >  退職までの手順 その②

退職までの手順 その②

退職が認められたら、具体的な退職日を決定します。


引継ぎを終わらせる必要がありますので、

一ヵ月後の月末を目安に、退職日を設定するケースが一般的です。


ですが、この退職日についてはケースバイケースです。

引継ぎに3ヶ月かかる場合もあれば、2週間で済む場合もあります。



 退職日を早めるテクニック

退職日を早めるテクニックとは、「事前に引継ぎプランを考えておく」ことです。


あなたが、事前に自分の仕事量を把握しておいて、

引継ぐ仕事の量を明確にしておくことです。

上司の願いは、あなたがいなくなった後仕事が正常に回ることです。

あなたが会社に長期間いることではありません。


ですから、引継ぎを早期に終わらせることをアピールできれば、

退職日をはやめることも可能です。



 退職することを同僚に伝える

退職日が決まったら、いよいよ会社を去る準備を進めていきます。

このとき初めて、同僚に会社を辞めることを伝えます。


「一言くらい相談してほしかった」と言われる場合もありますが(^^;)

余計な混乱を避けるためにも、退職が決定するまでは秘密にしておきましょう。


退職日が決まっているので、ガンガン引き継ぎを進めていきます。

大事なのは素早く引継ぎを終わらせることです。

このとき、完璧な引継ぎを目指さないようにしましょう。


あなたは会社からいなくなる人間です。

もちろん、仕事が正常に回るように引継ぎをします。


ですが、それ以上のことはする必要はありません。

退職すればあなたは他人となります。そのことを忘れないようにしましょう。


次は、退職するとき、一番大事なポイント。

離職票についてお話します。

退職後に、失業保険を受け取るために絶対に必要になるものです。



         

辞表提出⇒退社までの手順

関連エントリー

辞表提出前にやっておくこと
退職までの手順 その①
退職までの手順 その②
退職までの手順 その③
辞表を受け取ってもらえない場合
強行策で退社する!!


お気に入り登録

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する
注意書き
当サイトの情報は、万全を期しておりますが、文書中に誤りまたは脱漏があり、万一、当サイトの記事内容を実行したことで、損害が発生した場合、一切責任は負えませんので、その点、ご了承願います。
年収