Top >  辞表提出⇒退社までの手順 >  退職までの手順 その③

退職までの手順 その③

退職日が決まり、引継ぎを進めていけば、

後はもう、会社を辞める日を待つだけです。


ですが、その前に、どうしても忘れずにやっておいてほしいことがあります。



 離職票の確認

雇用保険、及び年金保険の手続きをするために、

離職票は絶対に必要です。

※正式名称: 雇用保険被保険者離職票。


転職する場合でも、無職になる場合でも、必ず必要になります。


この離職票は、会社を辞めてから10日以内に、

会社から発行されるものです。(会社をやめた証拠みたいなものです)


離職票の発行は、会社の義務なので、確実にもらえます。

ですが、念には念をいれて、会社側に確認をしておきましょう。


郵送で送ってもらうのか?それとも手渡しか?

離職票を受け取るまでの手順は、必ず確認しておきましょう。


もし、10日経過して、会社から離職票が送られてこない場合は、会社に連絡して送ってもらいましょう。

ワケ有り退社で、連絡しずらかったとしても、必ず連絡しましょう。


離職票が無ければ、失業保険は認定されません。

さらに、失業保険の手続きが遅れれば、保険金の受給が遅れます。

離職票は、重要です。退職前に、必ずチェックしておきましょう。



 退職はもう目の前!

ここまで来れば、退職はもう目の前です!

後は、会社から受け取った備品(社員証、制服、鍵など)を返却し、

退職日を待つだけです。


ここまで来れば、怖いものはありません。

退職日までは、居心地が悪いかもしれませんが、

ひたすら我慢です。


期日が来れば、あなたは晴れて自由の身!

これからは会社に縛られることはありません。

おめでとうございます!



         

辞表提出⇒退社までの手順

関連エントリー

辞表提出前にやっておくこと
退職までの手順 その①
退職までの手順 その②
退職までの手順 その③
辞表を受け取ってもらえない場合
強行策で退社する!!


お気に入り登録

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する
注意書き
当サイトの情報は、万全を期しておりますが、文書中に誤りまたは脱漏があり、万一、当サイトの記事内容を実行したことで、損害が発生した場合、一切責任は負えませんので、その点、ご了承願います。
年収