Top >  退職・辞表提出のコラム集 >  円満退職じゃなくてもいい

円満退職じゃなくてもいい

会社を辞めるとき、できれば円満退職をしたいものです。

会社と揉めて辞めるより、笑顔で送り出してもらいたいものです。

ですがちょっと考えてみてください。

円満退職である必要性はどこにあるのですか?


会社を辞めれば、上司も同僚も他人になります。もう会うこともありません。

揉めようが、円満退職だろうが、関係ありません。

長い目でみたら、微々たる問題なのです。


むしろ、円満に退職することにこだわるあまり、

居たくも無い職場にずっといるほうが問題です。



 多少、居心地の悪い思いはしますが。

円満退職じゃない場合、上司に嫌な顔をされるかもしれません。

同僚に嫌味を言われるかもしれません。

退職日までは、肩身が狭い思いをすることは確実です。

しかし、それも一時の我慢です。せいぜい一ヶ月程度です。


その期間が終われば、あなたと会社は一切の関わりを持たなくなります。


同僚、上司、部下、

彼らは会社を辞めた瞬間に他人になる人達です。

あなたの今後には、全く無関係の人達です。


無職になったり、転職に苦労したり、そういったことをやる覚悟があるなら、

さっさと会社を退社してしましましょう!



         

退職・辞表提出のコラム集

関連エントリー

退職が決まればあなたは他人
円満退職じゃなくてもいい
退職時のスピーチ
辞表を出さないという選択肢
会社の辞め時は
退社受理後の無断欠勤は危険
辞表を出した後の生活
会社都合退職の時は辞表禁止
辞表を撤回するのは可能?
退職後の行動
失業保険で困ったことがあれば


お気に入り登録

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する
注意書き
当サイトの情報は、万全を期しておりますが、文書中に誤りまたは脱漏があり、万一、当サイトの記事内容を実行したことで、損害が発生した場合、一切責任は負えませんので、その点、ご了承願います。
年収