Top >  辞表を書く前に知っておくこと >  辞めずらい職場でも退職しよう

辞めずらい職場でも退職しよう

会社は辞めたい・・・。でも、私が辞めたら部署の仕事が・・・。

今でも人数ギリギリで回しているのに、私が辞めたら・・・・。

同僚に迷惑がかかるし、辞められない・・・・。


余裕の無い部署にいる方で、こういった心配を持っている場合。

「そういった心配は、する必要が無い」と、ハッキリと申し上げることができます。


あなたが仮に責任のある立場であっても、会社の奴隷ではありません。

同僚のへの遠慮もあるでしょうが、辞めることを躊躇する必要はありません。



 あなたが抜けても大丈夫


あなたが抜けただけで、ダメになる組織であれば、

遅からず死にます。あなたが無理をして維持する必要はありません。


少人数で動いている場合でも同様です。

あなたがいなくなれば、新しい人が、あなたの仕事をするだけです。


どうしてもやらなければいけない仕事なら、

別の人間が必死になって、あなたの代わりをします。

すぐにはあなたの代わりはできないかもしれませんが、

徐々に出来るようになっていきます。


仮に後任者が、あなたの代わりをできなくても大丈夫です。

重大な仕事でしたら、別の人間が担当して、仕事を回します。


また、これは組織の常識ですが。

一つの頭が消えれば、別の頭が生えてくるものです。



 あなたの後任になれるような人材が見つからない場合


この場合も遠慮なく辞めて大丈夫です。

あなたの後任者になれるような人間がいない場合、

組織は、しばらくは苦労するでしょう。ですが、

なんとかこれで仕事を回すしかない。という状況に陥ります。すると、

今までダメだと思われていた人間が、

結構がんばって、新しい有力者になったりします。


組織の力は、社員が一人抜けただけでは崩れません。

職場再生能力は、想像以上です。



 ものすごく引き止められる・・・・

あなたの上司は必死に引き止めるでしょう。

もちろん同僚も。ですが、あなたが会社と心中する必要はありません。


責任感が強いことは素晴らしいことですが、

あなた自身が参ってしまっては、あなたの家族が悲しみます。


強い決意を持って、退職まで持って行きましょう!



         

辞表を書く前に知っておくこと

関連エントリー

会社は簡単に辞められる
会社を辞める最終手段
辞表とは?辞表の基礎知識
角が立たない退職理由
辞表に書く 退職理由
辞めずらい職場でも退職しよう
辞表と退職願いの違い
円満退職の方法
気が弱くても退職できた!


お気に入り登録

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する
注意書き
当サイトの情報は、万全を期しておりますが、文書中に誤りまたは脱漏があり、万一、当サイトの記事内容を実行したことで、損害が発生した場合、一切責任は負えませんので、その点、ご了承願います。
年収