Top >  退社後の、保険手続き >  失業受給を受けるまでの流れ

失業受給を受けるまでの流れ

初めて職安に行った人が、まず最初にやることは、

求職票を提出することです。

求職票には、希望する仕事、収入、勤務時間などを記入し、

職安(ハローワーク)の職員に提出します。


詳しい書き方などについては、職員に聞けばわかります。


求職票を書き終わったら、離職票や、その他必要な提出物を一緒に提出します。

その手続きが終わると、係官との簡単な面接が行われます。


この面接を終えると、受給資格が認定されます。



 失業受給まで、残り2ステップ

受給資格が認定した後ですが、すぐには失業保険はもらえません。

やった!ついに失業受給だ!となる前に、

待期期間と呼ばれる期間があります。(日数は7日間)


待期期間の後の、8日目、失業認定についての説明会があり、

その説明会に出席すると、雇用保険受給資格者証がもらえます。

これは、失業保険を受け取るために必要なもので、

失業保険の給与日数、金額、などが記載されています。



 失業受給まで、残り1ステップ

雇用保険受給資格者証をもらったら、失業保険をもらうまで、

あと1ステップです。ついに失業保険を受け取るときがきました。


最後にやることとは、失業認定日に職安に行くことです。

この失業認定日とは、失業保険を貰うための、最終確認の場です。


失業認定日は、28日に1回しかありません。

何があっても、必ず出席しましょう。


この失業認定日に職安に行かなければ、失業保険は受けられません。

もし、出席できなければ、次の失業認定日まで待たなければいけません。


失業認定日に出席しなければ、失業受給が28日遅れることになります。

失業中に、この遅れは大打撃です。


お役所仕事なので、例外は認められません。

失業認定日には、必ず出席しましょう!!



 遂に失業保険の受給開始!

失業認定日に出席し、手続きを済ませれば、

いよいよ失業受給の開始となります!

まあ、この受給開始も、認定日から3ヶ月後なのですが・・・。。

とりあえず手続きは、これにて終了です。

お疲れ様でした!



         

退社後の、保険手続き

関連エントリー

退職後に手続きする保険
失業受給を受けるまでの流れ
失業保険の注意点
離職票を手に入れよう


お気に入り登録

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する
注意書き
当サイトの情報は、万全を期しておりますが、文書中に誤りまたは脱漏があり、万一、当サイトの記事内容を実行したことで、損害が発生した場合、一切責任は負えませんので、その点、ご了承願います。
年収