Top >  辞表を書く前に知っておくこと >  角が立たない退職理由

角が立たない退職理由

今の職場を辞めたいと思った際、退職理由について悩む場合があります。


辞めようと思った理由のほとんどは、職場に不満があるから。

または、何かしらの原因で、仕事を続けるのが困難になったから。

場合によっては、会社に恨みを持つような理由もあるかもしれません。


しかし、本当のことを言うのは推奨できません。


「今の職場が嫌で、不満があるので辞めます。」

このように、ハッキリと本当のことを言うわけにはいきませんよね。


ですが、ちゃんとした理由が無ければ、

引き止められてしまいそう・・・・。そんな不安はありませんか?


辞表に書く理由(書類上の理由)は、

「一身上の都合で・・・」 これでかまいません。

しかし、

引きとめ交渉の際、上司を納得させ、

退職するための理由は、悩むものです。



 上司を納得させる退職理由

上司を納得させるための理由は、

職場への不満が伝わらない理由であれば、良いのです。

嘘も方便と言います。


本当のことを言わずとも、それらしい理由を用意すればいいのです。

退職理由より、退職するという決意が重要なのです。

退職理由については、あまり深く考えすぎる必要は無いのです。

角が立たないような、退職理由であれば良いのです。


推奨する退職理由は、


「今の仕事以外にもやりたいことを見つけたい」

「一度、ゆっくりと自分を見直したい」


こういった、ぼやけた理由がオススメです。

退職の意思が固ければ、ぼやけた理由でも退職できます。



 逆に、言わないほうがいい退職理由は・・・

理由「職場の給料や待遇に不満が・・・」

反論「今後、改善していく」と言われると辞めにくい!


退職理由は嘘でも構いません。しかし、

職場環境を退職理由にするのは避けましょう。

引きとめるための交渉材料にされる可能性があります。


また、下記のような退職理由も避けましょう。

理由「家族の面倒を見なくてはいけなくなった」

反論「証拠を提出しろ!」と言われるとピンチ!


理由「病気になって仕事を続けられない」

反論「診断書を見せろ!」と言われるとピンチ!


理由「海外に移住することになった」

反論「移住先の住所は?」と聞かれるとピンチ!


退職理由は嘘でも構いません。しかし、

証拠を提出しろ!と言われたときに、困る嘘は避けましょう。


嘘がばれたときは、揉めます。非常~に嫌な気分を味わいます。。



         

辞表を書く前に知っておくこと

関連エントリー

会社は簡単に辞められる
会社を辞める最終手段
辞表とは?辞表の基礎知識
角が立たない退職理由
辞表に書く 退職理由
辞めずらい職場でも退職しよう
辞表と退職願いの違い
円満退職の方法
気が弱くても退職できた!


お気に入り登録

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する
注意書き
当サイトの情報は、万全を期しておりますが、文書中に誤りまたは脱漏があり、万一、当サイトの記事内容を実行したことで、損害が発生した場合、一切責任は負えませんので、その点、ご了承願います。
年収