Top >  辞表を書く前に知っておくこと >  辞表に書く 退職理由

辞表に書く 退職理由


 辞表(退職届け)に書く退職理由。

辞表(退職願い)に書く理由は、本当のことは書いてはいけません。

どんな理由であっても、

「一身上の都合により、退職させて頂きたく思います。」です。


退職願いは、退職するための必須条件ではありません。

形式的なものなので、実は書かなくても退職できるのです。


ですから、形式に添った形で書くのが一番です。

何があっても、「一身上の都合で・・・・」と書きます。


逆に絶対に書いてはいけないことは、本当の理由です。


会社が潰れそうだから。とか、

上司が嫌いだから。とか、

同僚との人間関係に疲れた。とか、

そういうことを書くのはタブーです。


退職時に揉めるだけです。

本当の理由を書いてしまうのは、百害あっても一理無しです。



 会社全体を巻き込んだトラブルになることも・・・


これは、ものすごくレアなケースですが。

あなたのいる部署が、法律に触れることや、不祥事に手を染めている場合、

そのことを辞表(退職願い)に書くと、大問題になることがあります。


上司に渡したときに、その上司が揉み消せば問題は起こりませんが。

もし、あなたの書いた文章が外部にもれた場合は、

内部告発となり、会社規模のトラブルに発展する場合があります。

文書として証拠が残ってしまうことや、一度広まったら、

火消しも大変です。揉み消すのも容易ではありません。


そうなれば、円満退社どころではありませんね(^^;)

退職願いを書くとき、本当の理由は絶対に書いてはいけません。

「一身上の都合で」この理由が、ベストです!



         

辞表を書く前に知っておくこと

関連エントリー

会社は簡単に辞められる
会社を辞める最終手段
辞表とは?辞表の基礎知識
角が立たない退職理由
辞表に書く 退職理由
辞めずらい職場でも退職しよう
辞表と退職願いの違い
円満退職の方法
気が弱くても退職できた!


お気に入り登録

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する
注意書き
当サイトの情報は、万全を期しておりますが、文書中に誤りまたは脱漏があり、万一、当サイトの記事内容を実行したことで、損害が発生した場合、一切責任は負えませんので、その点、ご了承願います。
年収