Top >  辞表提出⇒退社までの手順 >  辞表を受け取ってもらえない場合

辞表を受け取ってもらえない場合

辞表を提出して、すんなり受け取ってもらえたらラッキーです。

何の苦労もなしに会社を辞めることができます!


ですが仮に、辞表(退職願い)を提出しても、受け取ってもらえないケースもあります。

今回は、受け取ってもらえないケースについて、詳しく見ていきましょう。



 上司は退職希望者を引き止めます

上司「考え直してみないか?」

上司「今、辞められたら困る。後任が育つまで待ってくれないか?」

上司「○○○の件は君にしかできない。その件が終わるまでは、残ってもらう必要がある。」

そのようなセリフを言われ、辞表を受け取ってもらえない場合があります。


レアなケースですと、逆切れを起こして、怒鳴る上司もいます。
上司「一方的に雇用契約を破る気か!」

上司「すぐに辞められるわけないだろ、この馬鹿!!」


怒鳴っても、丁寧に引きとめても、上司の本音はただ一つです。

あなたがいなくなったら、仕事が増えて面倒になるじゃないか・・・。

だから引き止めるのです。

上司の立場になって考えれば、あなたを引き止めるのは、当然と言えるでしょう。

部署を少ない人数で回すことになりますし、補充人員をひっぱるのも手間です。



 この状況を打破するための、解決策


解決策は2通りあります。


一つは、地道に上司に対して説得を続ける方法(円満退職狙い)

もう一つは、強引に辞めるか(法律的にはOK・・・という手法を使う)


円満退社狙いか?強行策による退社か?

辞表(退職届け)を受け取ってもらえないなら、

どちらかを選ぶ必要があるわけです。


どちらを選ぶにしろ、あなたの退職への意思が重要となります。

一度決めたら、絶対に辞める!

このくらいの覚悟を持って退社しましょう。


⇒ 強行策で退社する方法!!



         

辞表提出⇒退社までの手順

関連エントリー

辞表提出前にやっておくこと
退職までの手順 その①
退職までの手順 その②
退職までの手順 その③
辞表を受け取ってもらえない場合
強行策で退社する!!


お気に入り登録

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する
注意書き
当サイトの情報は、万全を期しておりますが、文書中に誤りまたは脱漏があり、万一、当サイトの記事内容を実行したことで、損害が発生した場合、一切責任は負えませんので、その点、ご了承願います。
年収