Top >  退社後の、保険手続き >  失業保険の注意点

失業保険の注意点

失業保険で一番忘れてはならないことは、

手続きをしない限り、保険金は給付されないということです。


失業したら、自動的に保険金がもらえるわけではないのです。

ハローワーク(公共職業安定所)に、決められた書類を提出し、

求職中だと認定され、その後しばらくして給付が始まります。


では、どのような手続きを踏めば、失業保険をもらえるのでしょうか?



 失業保険の手続きに必要なもの


失業保険の手続きは、必要な書類を持って、

ハローワークで手続きをする必要があります。


手続きに必要な書類は、以下の5つです。

・写真(履歴書に貼るサイズの証明写真)
・印鑑(認印でOK)
・住民票(免許証でも可)
・離職票
・雇用保険被保険者証


以上の5つです。一つでも忘れていると、手続きができない場合があります。

職安に失業保険を受けにいくときは、忘れずに持参しましょう。



         

退社後の、保険手続き

関連エントリー

退職後に手続きする保険
失業受給を受けるまでの流れ
失業保険の注意点
離職票を手に入れよう


お気に入り登録

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する
注意書き
当サイトの情報は、万全を期しておりますが、文書中に誤りまたは脱漏があり、万一、当サイトの記事内容を実行したことで、損害が発生した場合、一切責任は負えませんので、その点、ご了承願います。
年収