Top >  退職・辞表提出のコラム集 >  辞表を出さないという選択肢

辞表を出さないという選択肢

辞表を出す前にちょっと考えてみてください。

辞表(退職願い)を出さずに、会社にとどまるという選択肢もあります。


仮に、あなたが辞表を出した場合、無職になります。

「求職中です。」という言い方をあなたがしても、

収入の無い人間であることは、間違いありません。


ものすごく小規模な会社で、社員3~4人とかの会社の場合は、

人間関係のトラブルは致命的ですが・・。。

ですが、大きな会社で、大人数の部署にいる場合、

我慢して踏みとどまるというのも、一つの手です。



 どこの会社でも、気があわない同僚や、嫌な上司は存在します。

死ぬほどのストレスを抱えていたり、病気になるレベルの悩みであれば、

すぐに会社を辞めるべきですが。

その嫌な奴を我慢すれば、給料はもらえますし、生活は保障されます。


嫌な奴と給料を天秤にかけ、退職の判断は慎重に行いましょう。

また、これはあなたが仕事ができる場合は、上司に相談しましょう。

あなたの価値 > 嫌な奴 だった場合は、

嫌な奴を移動にしてくれるかもしれません。

ともかく、退職は生活が変わる出来事ですので、よく考えて行いましょう。。



         

退職・辞表提出のコラム集

関連エントリー

退職が決まればあなたは他人
円満退職じゃなくてもいい
退職時のスピーチ
辞表を出さないという選択肢
会社の辞め時は
退社受理後の無断欠勤は危険
辞表を出した後の生活
会社都合退職の時は辞表禁止
辞表を撤回するのは可能?
退職後の行動
失業保険で困ったことがあれば


お気に入り登録

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する
注意書き
当サイトの情報は、万全を期しておりますが、文書中に誤りまたは脱漏があり、万一、当サイトの記事内容を実行したことで、損害が発生した場合、一切責任は負えませんので、その点、ご了承願います。
年収