Top >  辞表を書く前に知っておくこと >  円満退職の方法

円満退職の方法

あなたが円満退職を目指している場合は、

いきなり辞表を出すという行動はNGです。揉める可能性があります。


あなたは、考えに考え抜いて退職願いを提出したとしても、

上司からすれば寝耳に水の場合があります。

鈍くてダメな上司ほど、部下のメンタルを無視していますし、関心も持ちません。

「えッ!?どうしたの急に?」と聞き返される場合もあります。



 円満退職までの流れ

円満に退職したいのであれば、まずは口頭で退職の意思を伝えます。

そして話が進行した後に、書面(退職願)を提出するのが良いでしょう。

いきなり、退職願提出!!!は、あなたの職場を混乱させる結果になります。


辞めます。という気持ちはしっかりとアピールして良いのですが、

物事には順序というものがありますし、

上司の心情を考えれば、ステップを分けて、退職準備を進めたほうがよいでしょう。


口頭で退職したい意思を伝える。

話合いが行われる。

退職の準備。引継ぎ。退職の正式受理。

そして、円満退職。というのが、ベストな流れです。



         

辞表を書く前に知っておくこと

関連エントリー

会社は簡単に辞められる
会社を辞める最終手段
辞表とは?辞表の基礎知識
角が立たない退職理由
辞表に書く 退職理由
辞めずらい職場でも退職しよう
辞表と退職願いの違い
円満退職の方法
気が弱くても退職できた!


お気に入り登録

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する
注意書き
当サイトの情報は、万全を期しておりますが、文書中に誤りまたは脱漏があり、万一、当サイトの記事内容を実行したことで、損害が発生した場合、一切責任は負えませんので、その点、ご了承願います。
年収