Top >  辞表を書く前に知っておくこと >  気が弱くても退職できた!

気が弱くても退職できた!

まじめで、責任感が強く、人のことを考えすぎてしまう。

それでも最後には退社できた、Tさんのエピソードを紹介します。


Tさんがどのようなことをして、無事退社となったか?

そこに注目しましょう!


Tさんは、責任感が強いですが気が弱い。「いい人」です。

Tさんのいる職場は忙しく、一人辞めれば他の人間の負担が・・・。

上司も怖くて、なかなか退職できない・・・。という状況でした。


退職を決意して、上司に相談したところ、

「辞めないでほしい」と説得されたそうです。

それでもTさんの決意は固く、上司に退職の意思を伝え続けたそうです。

もちろん、引継ぎを終わらせる意思も伝え、

しばらくは会社に残留すると明言していました。



 予想外の問題が起きた・・。

上司に相談するのも3回目。退職を受け入れてもらえるか不安になっていた頃。

上司が逆切れをおこしました。

「恩を仇で返すつもりか!!」

「仕事を舐めているのか!今お前が抜けたらどうなる!」などなど。


気の弱いTさんはすっかり萎縮してしまい、退職できなくなってしまったそうです。

もちろん、法律上はここで辞めても何の問題もありません。

きちんと退社の意思を伝えていたので、

2週間後には退社が認められると、法律上は定められています。


ですが、気の弱いTさんは、そんな強行策を取れません。


Tさんは考えました。どうすれば会社を辞められるだろうか?



 徐々に外堀を埋めていく

Tさんは気の弱い方でしたが、頭はいい方です。


上司の本音もきちんと理解していました。

上司の本音は、「俺の管理責任が問われてしまう・・・」です。

Tさんが抜けたことで、仕事が回らなくなれば、上司が責任を追及されます。


Tさんは、このことを理解していたので、

自分が退職した後、上司にしわ寄せが来ないように動き始めました。


まずは、自分の担当している仕事内容を、

完全に把握することから始めます。

どのくらいの仕事量なのか?

引継ぎは可能か?

引き継ぐとしたら、どのくらい時間がかかるか?

そういったことを一つづつ整頓していき、

自分が辞めても、部署は機能することを把握しました。


さらに、私物を持ち帰ったり、退社するための規約を調べたり。

一気に退社しようとせず、少しづつ外堀を埋めていきました。


そして、相談と称して、再び上司に話をします。

そのとき、自分がいなくても仕事が回ることを、間接的に上司に伝えます。


すると、意外と逆切れした上司の反応は穏やか。

以前、退職の意思を伝えたときと、反応があまりにも違うことに驚いたそうです。


その後、話し合いを慎重に進めて、

引継ぎもしっかりと進めていきました。



 そして、ついに退社へ

そういった努力が実り、Tさんは見事退社!となりました。

もちろん、同僚にも上司にも引きとめられましたし、嫌味も言われました。

上司の引きとめ工作もありました。


それでも、Tさんは退職の意思を崩さず、見事会社を辞めることができました!


退職しずらい職場から、見事抜け出したという、

珍しいエピソードですね☆



         

辞表を書く前に知っておくこと

関連エントリー

会社は簡単に辞められる
会社を辞める最終手段
辞表とは?辞表の基礎知識
角が立たない退職理由
辞表に書く 退職理由
辞めずらい職場でも退職しよう
辞表と退職願いの違い
円満退職の方法
気が弱くても退職できた!


お気に入り登録

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する
注意書き
当サイトの情報は、万全を期しておりますが、文書中に誤りまたは脱漏があり、万一、当サイトの記事内容を実行したことで、損害が発生した場合、一切責任は負えませんので、その点、ご了承願います。
年収