Top >  辞表提出⇒退社までの手順 >  強行策で退社する!!

強行策で退社する!!

辞表を受け取ってもらえず、いつまでも退社できない。

その場合は、強行策で退社する方法があります。


ただ、あまりオススメはできません。

これは、「法律的にはOKなんだけどね(^^;) ・・・。」そんな手段です。



 確実に退社するために、法律を活用します。

法律的には、退社の意思を表明してから2週間経過すると、

自動的に退社が認められることになっています。


つまり、「○月○日に、退社の意思を表明した証拠」があればいいのです。

この証拠を用意する方法は簡単です。

辞表(退職願い)を内容証明という方法で会社に送ります。


※内容証明とは郵便局が、手紙の内容を証明してくれるものです。
誰が、誰宛てに、日時、どんな内容の手紙を送ったか。を、
郵便局が確かな証拠として証明してくれるものです。


内容証明で、退職願いを送れば、言い逃れはできません。

退職願を送ってから、2週間後に会社を辞めることができます。



 さらば円満退職。。。

確実に会社を辞めることができる方法ですが、

円満退社は、絶対に出来ない方法です。


ここまで派手なことをすれば、上司の上役にも知られるかもしれません。

上司に嫌われることは確実でしょうね・・・(^^;)


この手段をとったとしても、離職票については、

必ずもらえるよう確認しておきましょう。


内容証明で退職願いを送るのは、気の強い方専用の強行策です。

気の弱い方は、出社拒否という最終手段を使うしかありませんね。


どちらにしても、会社を辞めるだけなら簡単ですね。



         

辞表提出⇒退社までの手順

関連エントリー

辞表提出前にやっておくこと
退職までの手順 その①
退職までの手順 その②
退職までの手順 その③
辞表を受け取ってもらえない場合
強行策で退社する!!


お気に入り登録

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する

ブックマークに追加する
注意書き
当サイトの情報は、万全を期しておりますが、文書中に誤りまたは脱漏があり、万一、当サイトの記事内容を実行したことで、損害が発生した場合、一切責任は負えませんので、その点、ご了承願います。
年収